BeatKrush / Decadance

albums details
Artist(s): BeatKeush
Title: Decadance / Dj Wanna Be
Label: Madskippers
Format: Digital
Cat.No.: MSDGTL05
Release date: 24th Nov .2010.
File Under: Progresive House / Electoro House
 
Tracklisting:
  1. Decadance (original mix)
  2. Dj Wanna Be (original mix)

W&P by Beatkrush aka Samy Guediche.

"ビートクラッシュ!文字通りビートを破壊したようなその構築術は他の誰にも真似できないカットアップエレクトロ!
それでいて美しく奏でるメロディラインと強烈なエレクトロビートは、CPU名義でのトランスシーンに於ける彼の実力を証明するものだ!
あのテクノゴッド、ケンイシイも絶賛する絶好調のBeatKrush。Madskippersから初シング ル配信がこれだ!"

"BeatKrush is electro techno project who already established in trance scene as CPU by Samy Guediche.
We don't have to explain about his career , he is traveling all over the world and played live set in so many countries already.He is also co-founder of Nutek Records (trance) and SFX Recordings (techno / house ).
This digital new single for Mdskippers "Decadance" , "DJ Wannabe" has got strong tweeky electro beats and beautiful melody lines in it. We have good reaction and support from top DJ's name like Ken Ishii / Numanoid aka DJTSUYOSHI / Funky Gong. Enjoy it ! "

BeatKrush

beatkrush is the minimal/tech-house sound of Swiss producer Samy G.Swiss born producer Samy G. is already internationally famous in the psy-trance circuit since 2000 under the name CPU. With innovative sound production, and numerous hits under his belt, Samy's psy-trance project CPU is featured on more than 100 compilations and has already 4 full lenght CD albums that rocked the global dancefloors. His globally recognizable sound and his avant-guarde production techniques quickly led Samy to become one of the most influential artist in the trance community. Samy started in the music industry at the young age of 14, playing guitar in metal and rock bands of his native Switzerland, to later move to the production desk. Involved in the computer revolution after buying his first Atari in 1991, Samy has not stopped evolving and acquiring new skills, with years of working as a sound engineer at professional recording facilities in Switzerland and later in Santa Cruz, California. Being able to produce in virtually any style of music, Samy is currently one of the most sought-after producer, collaborating with many other international artists and performers like Davina (Sirius-Isness, Massive, Davina), Isabelle Malchioni (featured on Skazi, GMS and many other) and Michelle Adamson ( Shpongle, Hallucinogen) . Now based in Tokyo and Ibiza, Samy shares today with us his minimal/tech-house approach to the dancefloor experience under the name "beatkrush", presenting a collection of fresh and exiting dancefloor smashers, many of which are already confirmed hits in many countries.

スイスのプロデューサーSamy Guedicheは、すでにインターナショナルアーティスト、"CPU"名義で、Pay-Tranceシーンにて2000年より活躍している。革新的なサウンドにて、常にヒットを生み出しているPsy-TranceプロジェクトCPUは、今までに100枚以上のコンピレーション、そして4枚のフルアルバムをリリースし、世界中のダンスシーンを創造してきた一人である。彼の楽曲と、型にはまらない作曲テクニックは、Tranceコミュニティーにて影響力の高いアーティストとして世界レベルに認識され、シーンをリードする存在となった。14歳の頃からSamyは音楽を始め、スイスにてギタープレイヤーとしてメタル、ロックバンドで活躍し、その後音楽制作に取り組み始める。1991年に、コンピューター革命の起こる中、彼は初めてのパソコンAtariを購入し、スイスとカルフォルニアのSanta Cruzのプロフェッショナルレコーディングスタジオにて働きながら、サウンドエンジニアとしての新しいスキルを手に入れ、進化し続けた。実質、様々なスタイルの音楽を創作できるSamyは、今やプロデューサーとして多くのインターナショナルアーティストやパフォーマーより多大な支持を得、Davina(Sirius-Isness, Massive, Davina)や、シンガーIsabelle Malchioni (featured on Skazi, GMS and many other)、Michelle Adamson (Shpongle, Hallucinogen)など、多くのアーティスト達とも楽曲を制作している。今は東京とイビザ(Spain)に拠点を置き、Beatkrush名義にて現在、Minimal/Tech-houseの楽曲を各国のダンスシーンに提供している。その新しい楽曲達はすでに多くの国にてヒットし、今や多くの国のダンスフロアをジャックし続けている。

NEW ARRIVAL


New Album
「JOUJOUKA / The Sound Kills Despair」

Track list
1. NEW STANDARD
2. AND JUSTICE KILLED
3. AWAKEN BEAT
4. FEEL RIDE ROLL
5. HYPER GROOVE
6. UNKNOWN COMPLETE SIGHT 7. PAINLESS PAIN
8. THE SOUND KILLS DESPAIR 9. FAKES FOR SALE

DJTSUYOSHI, FUNKY GONG & MACKEEL TAISA (ex. PANORAMA AFRO)からなる3ピースバンド、JOUJOUKA! ロックとクラブ・ミュージッ クの融合がより一層強調された、 7年ぶりのフル・アルバム 遂に完成!!

フィードバック・コメント
TAKESHI UEDA / AA=
JOUJOUKA7 年ぶりのアルバム! ダンスミュージックが変化し続ける中、JOUJOUKA も過激に変化を遂げている。 このサウンドはフロアを踊らせ、そしてノックアウトする程力強い。 これはダンスミュージックであり、ロックだ!

SUGIZO
彼らを同じ目的に向かって挑み続ける同士だと感じている。 常に境界線を越え、新しい音の配合を追求し、新しい刺激を求める戦士。 ただただひたすら純粋で、美しい、彼らの音とアティテュードにいつも心から鼓舞される。 待望の JOUJOUKA の新作、もう最狂で最幸!

DJ Q'HEY
テクノとロック双方が持つ最もハードでアグレッシブな部分を見事に融合させ、世界中を震撼させた奴らが 7 年ぶりに帰ってきた!性急に刻まれるビート、激しく迸るギター、宙を舞うシンセ、スリリングに吐き出されるリリック ... このアルバムで聴けるのは、これらが渾然一体となった魂を揺さぶる音の塊だ! 例え今、あなたがどんな絶望の淵に立たされていようと、このデンジャラスなサウンドには決して太刀打ちできない!

田中知之 (FPM)
Joujouka の音楽はロックとダンスミュージックが和解したものではない、常に一触即発なのだ。

REE.K
好きなことを思い切りできる人たちはカッコイイ!!どの道を進んだらいいのか、本当はいつも自分の心が知っている。 このまま切り裂きながら突き進め Joujouka !


JOUJOUKA "The Sound Kills Despair" Tour 2013
6/7(Fri) Club Cave in Kagoshima
6/8(Sat) @Django in Kumamoto
6/14(Fri) Madskippers@clubasia in Shibuya/Tokyo
6/15(Sat)@Force in Hamamatsu
7/12(Fri)@Pepperland in Okayama
7/13(Sat)@Rock Allow in Kita Kyusyu
7/27(Sat)Matsuri Digital Open Air in Nagano


New Single 「NEW STANDARD」
1.NEW STANDARD -original mix-
2.THE SOUND KILLS DESPAIR
- CAPTAIN HOOK GET AMONGS IT remix –
3.DON'T TOUCH ME (I'M ELECTRIC !)
– FUNKY GONG re-work-

'98年、衝撃のUK/ヨーロッパデビューを果たし、その後国内/海外のフェスティバルを総なめにした、日本が世界に誇る、エレクトロロックバンドのパイオニアであるJOUJOUKA。 2013年4月、待望の彼らの7年ぶりのアルバムがついにドロップされる!今回から、新メンバーに元パノラマアフロのボーカリストである、マキール大佐が加入し、ロックとクラブミュージックの融合がより一層強調された、新たなJOUJOUKA伝説が再び幕を開ける!

Joujouka "New Standard" directed by Stéphane H produced by Crosslight Global Entertainment from stephane H on Vimeo.

New Single
ARTIST : JOUJOUKA
TITLE : NEW STANDARD
LABEL : WAKYO RECORDS www.wakyo.jp
発売日 : 2013年4月3日
問い合わせ:Waon Productions 鈴木伸哉
shinya@waon-productions.jp


■ MADSKIPPERS feat.Planet & MONSTAR
「Next Consciousness ~次なる意識~」
日時:2013.1.13.Sun
Door : 3500yen , W/F : 3000yen
Open / Start : 23:00


■ Madskippers inTaiwan @Club Lotus

MADSKIPPERS presents 「UPPER LEVEL」
2012年6月8日(FRI)
23:00~05:00
@Lounge Neo (shibuya)

あのMADSKIPPERSが「UPPER LEVEL」というサブタイトルで、クラブエイジアの真ん前のラウンジネオで今年一発目として、復活します!音と映像にハマって下さい!

more info...


■ SUGAR DREAM by BEATKRUSH & D.J RINANEKO


■ Unknown Complete Sight by Joujouka


■ Painless Pain by Joujouka
次のMadskippersイベントは9月30日@CLUB ASIAで!
ライブ出演:Joujouka / Galaxy 7 / The Samos予定!

FOLLOW MADSKIPPERS

ARTIST News

FALLING feat.Marcellus Nealy

Funky Gong BLOW Tour 2010

MADSKIPPERS! vol.1

・FUNKY GONG INTERVIEW
意外にもこれまであまり語られる事
の無かった、FUNKY GONGの
ミュージシャンライフの原点などを
紐解きながらアルバムリリースへの
想い、ギタリストとして、そしてDJ
としての展望等を独占インタビュー!

詳しくはMSN BEATCULTURE にて



レコチョクにてFUNKYGONGの
[ 着うた] [着うたフル] のダウンロー
ドがスタート!

more info......


FOLLOW MADSKIPPERS

MADSKIPPERS MOBILE SITE

LINK